2022年11月19日

やっと…

まごまごしてると1年たってしまうので、今年の2月か3月頃に書き始めたものを、迷ったけれど一旦アップします。
私はエフゲニー・プルシェンコのファンです。なので、ロシアのウクライナへの侵攻に関する彼の発言について自分の思いを明らかにしておきたいと思いました。


続き
posted by さぼ at 19:49| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GPS2022フランス大会女子FS

NHK杯真っ最中だというのに(笑)。
でも今年は久しぶりに地上波やBS(今後はCS)を録画して遅れながら見ている。楽しみながら見ている。
今年はコロナ以降初めて、やっと、しかもなつかしのモリコロでTHE ICEを観たのが刺激になったのかな。
もうずっと、採点のおかしさなんて続いてるし、しかも忖度対象が日本人となったら国内のファンが怖くて、マスコミも異常だし、バンクーバー前後に某KY選手についてとか、その後カナダの某男子選手についてとか、結構言いたいこと言ってきたのに言えなくなったしね。
単に私が臆病なだけですけど。
もしかして当時の韓国国内のフィギュアファンもこうだったのかもなあ、なんてやっと気づいたよ。
そして、というか、だから、というか、点数とか順位とか、公正さとか、そういったあれこれとは切り離してやっと観られるようになったのかなとも思う。
日本の報道の仕方は相変わらず気持ち悪いのでニュースやワイドショーは観ないし、録画じゃないとイライラするから見ないけどね。

そんなことはさておき。続き
posted by さぼ at 19:24| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年11月03日

りくりゅうおめでとう

少々遅まきながら、ですが、とりあえず書こうかなと。
すごく久しぶりに地上波でフィギュアスケートの試合を録画で観ました。いらんところは飛ばしつつ。
全部見たいフィギュアファンの希望にはほど遠いものですが、CSで放送が見当たらなかったので。BSではやってたのかなもしかして。まあいいや。

今年は久しぶりにモリコロにTHE ICEを見に行きました。
本当はそれも書こうと思っていたのだけど、前半しかメモを残しておらず、時間がたちすぎて記憶の曖昧度がさらに高まったので、まあいいやって気になってしまってます。

印象に残ったことの一つが、龍一くんがたくましくなったな~ってことでした。初めて生で見たのもたしかモリコロでのTHE ICEで、まだ彼がシングルだった頃で。たくましくなったのは身体だけでなくきっと精神的にもものすごくたくましくなったのだろう。

日本ペア初のGPS優勝。
だけどその過程には、トランとのペアで世界選手権銅メダルまで行きながら、おそらくは国籍問題で解消しなければならず、その後相手に恵まれなかった成美ちゃん、日本で相手を見つけられずにロシア国籍でオリンピックに出ることになった悠子ちゃん、そういった人たちの苦労や悔しさの積み重ねの上に、日本ペア初、があるのだろうと思います。

これからりくりゅうが積み重ねたものの上に、さらにいろいろな日本人初のペアが出て来てくれるといいなと思います。
posted by さぼ at 14:08| Comment(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月11日

一応公平に、というつもり

羽生選手の4A認定について、転倒したのになぜという疑問や異論が出ているようですが、DGなら3A扱いですがURなので4Aは4Aです。その上で回転が足りず、しかも転倒したということなので成功はしてませんが認定、ということだと思います。なので不当でも何でもないと私は思います。
いやURじゃなくてDGだろうというご意見ならまた別ですが。
問題はマスコミが認定認定と騒ぐことで、詳しくない視聴者が4A成功と思い込んでしまうことじゃないですかね。


そしてそれとはまた別の問題で、まあISUのやることはここ十数年変わってないんですが、崇ちゃんのTweetから気づいた方がいて私も知ったんですが…。
どう捉えるかはファンかそうでないかによっても分かれるでしょう。このルールのためにPCSが抑えられたと不満を口にしている人たちもいます。ルールはルール、厳格に適用すべきと考える人もいるでしょう。もちろんそうでなければスポーツとして成り立たないというのもそのとおりでしょう。
ISU公式サイトからの画像と今回の彼のプロトコルの画像だけ貼っておきますね。


PCS2.png


FLNrD1EaIAItxj2_.jpg
posted by さぼ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月10日

まっちーも言っていたそうですが

tuktamysheva-komandnye-turni.jpg


トゥクタミシェワ:オリンピックの団体戦は個人戦の後に行うのがベター


2022年2月5日

フィギュアスケートの世界チャンピオン、エリザベータ・トゥクタミシェワがオリンピックの団体戦について語った。
3試合を終え、ロシアは団体戦で2位、米国に2ポイント後れを取っている。

「団体戦は--わたしの楽しみの一つです。
一般的に最も好まれていると言えると思います。
お祭り、友情、チームの雰囲気といった魅力があります。
皆が互いに支え合って演技するのはとても楽しくとても素敵です。
そしてそれは個別の国だけでなく、概してすべての国にあてはまります、わたしたちは皆そこでは互いによくコミュニケーションをはかるからです。
団体戦は通常は世界選手権の後に開催され、その時には皆既に少しリラックスし、一息ついています。いずれにしろ、素敵です。
わたしはオリンピックの団体戦は個人戦の後に開催したほうが良いという意見に賛成です。
もちろん個人戦はより重要です。
個人戦で全力を尽くした時、チームにおいてそれはもっと感動的に受け入れられるでしょう。
それに、まだ最も重要な試合で演技しなければならないとわかっている時には、自分自身をやはり少し抑制させるでしょう」
トゥクタミシェワはチャンネル1でそう語った。


https://www.championat.com/figureskating/news-4599253-tuktamysheva-komandnye-turniry-na-oi-luchshe-provodit-posle-lichnyh-sorevnovanij.html?utm_source=copypaste
posted by さぼ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする