2015年04月30日

ジェーニャ今日のつぶやき(観に行きたい~)

画像


☆おはよう、ソチに着いた! 明日1回目のショーで会いましょう!

https://instagram.com/p/2FuBKHGy5R/
posted by さぼ at 19:27 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

ジェーニャ今日のつぶやき(そうだROCS買いにいかなきゃ)

☆妻と@posta_magazineサイト、贈り物をありがとう!
そしてすべての会社に、個人的関心を払ってくれることに感謝します

https://instagram.com/p/2DJqnamy7j/
posted by さぼ at 18:39 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

プルシェンコ復帰についてゴルシコフのコメント

画像


プルシェンコはヨーロッパ選手権と世界選手権について一般的なベースで選抜される-ゴルシコフ


2015年4月17日

〔コメント部分のみ抜粋〕

……


「わたしは強調したいのですが、プルシェンコはナショナルチームの構成に含められるでしょう、それで、彼はトレーニングし、演技しなければならず、それは彼自身わかっています。
もちろん、もしジェーニャがヨーロッパ選手権、世界選手権に出場するつもりなら、ロシア選手権において一般的なベースで選ばれなければなりません」

ゴルシコフは“R-sport”記者に電話でそう語った。


……


http://rsport.ru/figure_skating/20150417/823812259.html


ナショナルチーム入り決定 日本語版
http://jp.sputniknews.com/sport/20150425/244636.html

元記事
http://tass.ru/sport/1930158
posted by さぼ at 23:34 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プルシェンコ復帰についてヤナさんのインタ①

画像


ヤナ・ルドコフスカヤ:“エフゲニー・プルシェンコの復帰はPRではない”

2015年4月17日


フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコがスポーツのキャリアを再開すると再度宣言した。
“PROSPORT”は彼の妻、ヤナ・ルドコフスカヤから、なぜそれが必要なのかを聞いた。


〔ソチ五輪でのいきさつ、17日に復帰を宣言したこと、略〕


──あなたはエフゲニーの決定を支持しますか?

Y:実際、最終的な決定はローレウス(表彰式)でなされました、わたしたちはそこから戻ったばかりです。
そこでわたしたちは見たんです、どれほど多くの人々が傑出した記録を達成したか。
ローレウス賞はメダルに対して与えられるのではありません、傑出したスポーツの業績に対して与えられるのです、その競技で以前誰もやらなかったような。
わたしたちはパラリンピアンたちのビデオを見ました、世界記録を作る傑出したアスリートたち、そして、ジェーニャは決定をしました。
こう言いました:“僕は5回目のオリンピックで演技し、5個目のオリンピックメダルを勝ち取りたい”。
以前から彼はすでにトレーニングをしていました、しかし、今からはとても真剣なレベルで準備します-キャンプ、選抜、競技会への参加。
それは一昨日のことでした。
その前は、まだ揺れ動いていました、スポーツマンらしくない生活は、もちろん、魅力的です。
でも、彼は今四つのオリンピックメダルを持っており、1世紀近く前に4回のオリンピックに出場したスウェーデンのフィギュアスケーター(ギリス・グラフストローム-編集注)の記録を繰り返しました。
しかしジェーニャは五つのメダルを勝ち取る歴史上最初の人になりたいのです。
わたしがそれをどう扱うことができるでしょうか?
わたしは彼が今でさえ、どのようにトレーニングしているか見ています、彼がどれほど簡単にジャンプするかを見ています、彼が良い身体でいることを見ています。
わたしは1月に商業的競技会を見ました、そこで彼は一つの門の中で勝利しました。
ですからわたしは、これはソチオリンピック後、1年以上たってからの、考量された決定だと考えます。
健康だけが妨げとなりえますが、彼は以前いつも怪我と共に演技していました。
わたしは、ある怪我が、オリンピックシーズンに彼がアプローチすることを妨げることはほとんどないと思います。
もしかしたら、わたしたちが予定した競技会すべてではないかもしれません、もしかしたらスムースにアプローチするかもしれません。
でも、よく考えられた決定は99%、わたしが思うに、それは遂行されるでしょう、それは確かです。
もしプルシェンコが-プルシェンコは戻ると言うなら。
ジェーニャが言って、やらなかったことはありませんでした。

──プルシェンコは次にどの競技会に参加する予定なのですか?

Y:それはミーシンとすべてのキャンプを過ごした後に明らかになるでしょう。
それから連盟内で、彼らが翌年の計画を承認するでしょう。
主な競技会は-やはり2017年です、でも、2016年にもグランプリステージを排除する必要はありません。
すべては準備の程度によります。
少なくとも、今ジェーニャは(練習で)18回、3Aを行っています。
それで、2016年には競技にいることは疑いありません。

それから、わたしは言いたいのですが、この競技から全く遠いところにいる人間として、恒常的にシーズン後に見ています、わたしの夫が出場していなくても、そしてフィギュアスケートを理解し-何のためでもなくわたしは本を勉強しています、わたしは率直にこう言うことができます:
わたしたちには世界のリーダーも、ヨーロッパのリーダーもいません。
ジェーニャがいたときは、わたしたち〔ロシア〕はヨーロッパをリーダーを失っていませんでした。
わたしの意見では、若者たちが何らかの真剣な結果を見せた時間は十分にありました。
わたしは安定性を見ていません、わたしはどのように女子シングルフィギュアスケートが遠くへ行ったかを見ました、ペアやダンスが遠くへ行ったように。
わたしは上海にいて(2015年フィギュアスケート世界選手権-編集注)、どのように若者たちが演技したか、多くの人にとってとてもハッピーだったかを見ました。
でも男子シングルは、わたしの意見では、数歩下がっています。
2回転倒してオリンピックや世界選手権で優勝するのは不可能です。
そういうわけで、わたしはジェーニャにチャンスがあると思います。
来シーズン、彼らがどのようにハイレベルになるか分かりません、でも、多くの選手にとって彼は真剣なライバルになるでしょう、わたしが思うに、それは明白です。

http://prosport-online.ru/article-3165-rudkovskaya



競技復帰は結局15/16シーズンなのか、16/17シーズンなのか??
posted by さぼ at 11:55 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一緒に滑る選手が困惑するわな

画像


プルシェンコは大会で第1グループ、フィギュアスケートの最も弱いグループで演技する用意がある

2015年4月17日

フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコは、昨シーズンをスキップしたために、大会ではアスリートたちの最も弱いグループ、第1グループで演技することを厭わないと“R-sport”に述べた。

金曜日、このアスリートは怪我のために2014年オリンピックで中断したプロフェッショナルのキャリアを再開すると宣言した。

「最近のランキングは僕にはありません、それで、この状況に2009年、2010年、2011年にも困惑しませんでした。抽選があって、引いたナンバーで僕は演技するでしょう。
第1グループで演技することを僕は気にしません。
大事なのは-課題を成し遂げることです」

このアスリートの目標は資格を得て、2018年ピョンチャンオリンピックでメダルを獲ることだ。


http://rsport.ru/figure_skating/20150417/823804971.html



ここで言うプロフェッショナルというのは、日本で言うプロフィギュアスケートという意味ではないですね。
ISUではプロかアマかではなくエリジブルという言い方ですし。
少なくともロシアのメディアではアマチュア復帰ではなく競技への復帰という言い方をしますね。
posted by さぼ at 00:43 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。