2017年05月28日

こ、これは

誰の発案なんだ。
そしてノリノリの女性陣w
今回まさかのセッボで湧いておりますが、この写真が最高ですね。

https://www.instagram.com/p/BUlq87dDrm9/

画像
posted by さぼ at 14:08 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月27日

ロシア男子やアカデミーのことなど

エフゲニー・プルシェンコが新しいキャリアをスタート

2017年4月4日

エフゲニー・プルシェンコはオリンピックで4度メダルを勝ち取った-2個の金と2個の銀。
3度の世界チャンピオンと7度のヨーロッパチャンピオンはほぼ20年間、氷の王だった。

そして去った。

昨日、エフゲニー・プルシェンコは編集部に電話をかけ、アイスアカデミーのオープニングにわたしを招いてくれた。

――ジェーニャ、アマチュアのキャリアは終わりました。
本当に2018年ピョンチャンまで続けられることを望んでいたのですか?

エフゲニー・プルシェンコ〔以下E〕:ええ、韓国での大会はもうありません。
終わるのは必然です。
そしてそれは確かです。
しかし僕は恒常的に氷に立っていますし、いつも滑っています、ショーでの演技を続けています、アイスフェアリーテイルの中で。
でも、これからは多くのことがあります。
主なものは-コーチのキャリアです。
僕は若いアスリートをトレーニングしたいし、もしかしたら、ピョンチャンに彼らと一緒にいる可能性もなくはありません。

――それで、終止符を打つときだと悟ったのはいつですか?

E:僕は先日発表しましたが、実際は数ヶ月前にはすでに決めていました。
その時が来た、十分だ、自分自身を苦しめ、身体に苦痛を与えるのは。
手術や怪我が多すぎました。
落ち着いて、新しい役割の中で人生を続けるべきだと。

――それでは、ヘルシンキの世界選手権での全く信じられないような大量の4回転をどのように評価しますか?
2010年を思い出すと、あなたがほとんど非難されることのない4回転を跳んだとき、バンクーバーではできの悪い3回転を跳んだ凡庸なアメリカ人のライサチェクが勝ち、そのような奇跡は不可能に見えました。
この3年間で何が起こったのですか?

E:フィギュアスケートは、特に男子は、10年先に行ってしまいました。
若者たちが動かしたその場所へ。
そして彼らが証明したことに感謝しています:フィギュアスケートはバレエではなく、スポーツだということを。
前は4回転は実際ほとんど誰も跳びませんでしたが、今では2つのプログラムで時には5回の4回転、最大限異なった種類を跳びます。
これらのジャンプはショートプログラムにも入れられるようになりました。
例えば、ネイサン・チェンや4回転ルッツと4回転フリップをやりました。
それはただただものすごいことです。
僕は間もなく4回転半も彼らは跳び始めるだろうと思います。

――おお!

E:何に驚いているんですか?
それに僕はそのようなジャンプを習いました。
こうしたことは間もなく起こる、僕たちは競技会でそれを見ると確信しています。
フィギュアスケートは最先端のフィギュアスケートになったのです。
そう、最先端のスポーツになりました-かっこよくて、すばらしい!

――今日IOCはオリンピックのプログラムを見直し、観客を惹きつけるものを擁護しています。
ジェーニャ、あなたは現在のロシアの男子シングルスケートに後継者を見つけていますか?
そしてコフトゥンには何が起こっているのでしょうか?
繰り返す失敗、11位。〔2016/17世界選手権〕

E:ミーシャ・コリヤダについて話しましょう。
彼には将来があります。
トレーニングで、僕は彼自身を見ましたが、彼は4回転ルッツを跳んでいました-最も難しいジャンプです。
4回転サルコウを習得し、そのすべをトレーニングだけでなく遂行する必要があります。
そしてそれが我が国のシニアに関するすべてです。
もちろん、能力のあるジュニアはいます。
いずれ分かるでしょう。
しかし海外の子供たちは、世界のフィギュアスケートのエリートには今のところなれていません。
オリンピックと世界選手権のチャンピオン、ユズル・ハニュウ、2位のショウマ・ウノ、どちらも日本出身です。
それに中国のジン・ボーヤンも加わりました。
そしてカナダのパトリック・チャンのことを忘れてはいけません、アメリカのチェン、3度の世界チャンピオン、スペイン人のハビエル・フェルナンデスにはすでに言及しました。

――つまり、コフトゥンには期待しないと?

E:装備を引き上げさせましょう。
残念ながら、マキシムは不安定な滑りを見せます。
恒常的に幾つかの失敗、転倒があります。
彼が現在占めている11位という順位は-彼の本当の場所です。

――あなたのアカデミーへのご招待、ありがとうございます。
それで彼女はどこに?
そこでは誰が仕事をしていますか?
あなたは我が国の人と外国人の両方をトレーニングするのですか?

E:アドレスを書き留めてください:Aminyevskoyeハイウェイ、Bolshaya Ochakovskayaストリート、現代スケートリンク、振付と一般的な身体トレーニング、リハビリセンターのためのホールです。
すべてが新しい。
ここにはすべての家族が来ることができます。
僕のところには小さな子供たちも大人-ただ楽しみに滑る人たちもいます。
外国人たちも来ることでしょう。
そして、もちろん、プロフェッショナルのアスリートたち。
それが僕の選択です:コーチとしてのキャリア。

――これは私的な学校です。それであなたはオーナーですか?

E:ええ。

――1人だけですか? それともほかに誰か?

E:それは重要なことではありません。

――あなたの妻、ヤナ・ルドコフスカヤの確かな手がそのすべてにあると思いますが。

E:ヤナはとても助けになってくれます。
彼女のエネルギー、インスピレーションと、たくさんの発明。
でも、それとはまた別に、僕たちは-家族です。
それに僕たち、チームと共に仕事をしてくれる一団の人々がいます。
コーチ陣の中には、例えばアレクセイ・ワシレフスキーがいます。
ジュニアで成功し、それから韓国でコーチをしていました。
それから、多くの人が尋ねます:あなたはトレーニングするのですか? 答え:もちろん。
以前には多くのオファーがありました:学校に名前をください、来てくれる必要はありません。
名前の使用料を払います。
僕は決して承諾しませんでした。
僕は自立したアカデミーを持っています。

――この極めて複雑なビジネスの資本金はどのように?

E:ええ、ビジネスはお金がかかります。でも、僕は長い間滑っていました、とてもたくさん演技しました。

――スポーツにおいてあなたが成したことの中で、とりわけ誇りに思うことは?

E:何か特定のメダルは-ありません。
僕は自分が名声を保った年月を誇りに思います。
僕は幾つかの記録を達成することにトライしました。
ソチを例に取りましょう:“金メダル”は年齢のいったスポーツマンに打ち勝つための力の内にあることを僕は証明しました。〔?〕
そしてパトリック・チャン、韓国のユナ・キム、イタリアのカロリーナ・コストナー、日本のマオ・アサダや他の選手たちは年齢に注意を払うことなく滑りました。
彼らは僕がどのように滑るかを見て、僕の例によって助けられました。
成長してからずっとアレクセイ・ニコラエヴィッチ・ミーシンと共にあり、決してコーチを変えなかったことをものすごく嬉しく思っています。
彼は第二の父です。
そして数々のメダルは大変な仕事です。

https://rg.ru/2017/04/04/evgenij-pliushchenko-nachinaet-novuiu-kareru.html
posted by さぼ at 01:21 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

またすぐ来るよ~と言って帰っていかれました。

画像


日本でのルイ・ヴィトンショーにヤナ・ルドコフスカヤ、エフゲニー・プルシェンコ、その他のゲスト


2017年5月15日


〔プルシェンコに関する部分のみ抜粋〕

……


この驚くべきショーを見るため、そして日出ずる国の美を賞賛するため、ヤナ・ルドコフスカヤとエフゲニー・プルシェンコ、ジェニファー・コネリー、ソフィー・ターナー、ミシェル・ウィリアムズ、イザベル・ユペール、ライリー・キーオ、その他がやって来た。

……

ヤナ・ルドコフスカヤの夫-エフゲニー・プルシェンコは肩をすくめ、この日特別に注目されてショーの感想を語った、なぜなら日本では、このフィギュアスケーターは大スターと見なされているからだ。

これは女性のショーです!
でも大事なのは僕がそれでハッピーだということです-プルシェンコはショーについてジョークを言った。

……



http://ru.hellomagazine.com/moda/novosti-mody/20675-yana-rudkovskaya-evgeniy-plyushcenko-i-drugie-gosti-pokaza-louis-vuitton-v-yaponii.html?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=yanarudkovskaya--evgeniyplyuschenko-i-drugi
posted by さぼ at 07:37 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

Zhenya in Kyoto、じゃなくて滋賀だった

☆Hello my beautiful Japan!

画像



https://www.instagram.com/p/BUEB7G4BvPR/


my beautiful Japan、いい響きだなあ。
そう言ってもらえる日本でありたいものです。


取材されとるw

https://www.instagram.com/p/BUEsRk7BxbD/

なんか京都京都ってロシアで言われてたから京都だと思ってたけどミホミュージアムって滋賀県甲賀市だったわ。
posted by さぼ at 18:13 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。