2018年01月26日

何が起こっているのか???

画像


IOCはフィギュアスケーターのストルボワとブキンのオリンピック参加を理由の説明なしに許可しなかった


2018年1月23日

国際オリンピック委員会(IOC)は説明なしにフィギュアスケートにおけるロシアナショナルチームの主な構成員のアスリートであるクセニヤ・ストルボワとイワン・ブキンが2018年ピョンチャンオリンピックに参加することを許可しなかったと、ロシアフィギュアスケート連盟(FFKKR)のウェブサイトが伝えた。

「IOCはクセニヤ・ストルボワとイワン・ブキンが2018年オリンピックに参加することを理由の説明なしに許可しなかった。
この根拠のない不条理な決定は IOCによってなされた決定において外的な影響の否定する声明の破綻を再び見せてており、また、言明されたすべてのオリンピック憲章の根本的な基準を壊している。 
とりわけ、差別の拒絶、団結の原則に対する尊重、そしてフェアプレー」
FFKKRの声明ではそう述べられている。

連盟はまた、IOCの決定は「ロシア人アスリートがオリンピックに参加するいかなる方法も拒否することを強いる目的を持った挑発を思い起こさせる」とも伝えた。
ロシアの組織は、 ロシア人フィギュアスケーターたちに対する公平な態度の回復のため、そしてすべての可能な方法でアスリートたちの名誉と尊厳を守るため、すぐに闘いを始めるつもりである。 

月曜日、IOC委員会はモスクワで、ピョンチャンオリンピックへのロシア人アスリートの参加という課題に関してロシアオリンピック委員会の代表と討議した。
火曜日、バイアスロニストのアントン・シプーリン、スキーヤーのセルゲイ・ウスチュゴフ、それにショートトラックのスピードスケーター、ヴィクトール・アンを含む多数のロシアのトップアスリートたちが、オリンピック出場可能なリストに存在しないことが分かった。

元々、フョードル・クリモフと組んで演技をしているストルボワ、アレクサンドラ・ステファノワとアイスダンスで演技をしているブキンはオリンピックに出場するロシアナショナルチームの申請書に入っていた。
ストルボワ/クリモフはソチオリンピックの団体戦のチャンピオンであり、ペアフィギュアスケートの銀メダリストである。
先日モスクワで開催されたヨーロッパ選手権では、このカップルは銀メダルを獲得し、ステファノワ/ブキンは銅メダルだった。

https://rsport.ria.ru/winter2018_figure/20180123/1131522062.html


2人の出場を求める署名も始まっているようですが、どうなるんでしょう。
それぞれのパートナーが気の毒すぎます。






vintage 1980 MOSCOW OLYMPIC モスクワオリンピック MISHA こぐまのミーシャ マグカップ (ロシア ソ連 五輪 コップ ヴィンテージ) 087596 【中古】
SPACE
商品説明素材アルミニウム サイズ実寸 : 飲み口直径6 高さ9.5 (cm)カラー黄(イエロー)特徴

楽天市場 by vintage 1980 MOSCOW OLYMPIC モスクワオリンピック MISHA こぐまのミーシャ マグカップ (ロシア ソ連 五輪 コップ ヴィンテージ) 087596 【中古】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by さぼ at 15:27 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

すごいなあ…

今なお進化を続ける30歳コストナー 彼女が結果を残し続けられる理由

https://the-ans.jp/news/16241/


日本にしちゃいい記事だと思ったら元は「icenetwork」だった。
posted by さぼ at 03:31 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

なくはないような…

エフゲニー・プルシェンコは、自分はロシア連邦のスポーツ大臣になるべきだと冗談を言った


2018年1月15日

フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコは、ロシア連邦のスポーツ大臣職の候補として彼自身を推す必要があるとジョークを言った。

「僕はスポーツ大臣になるべきだ」
プルシェンコはジャーナリストたちにそう言った。
今は冗談だよ、だけどなぜ現在そうじゃない?
僕は全く良い役職者になるよ。
近い将来のことを言ってるわけじゃない、だけど将来、可能性はある」


https://rsport.ria.ru/around/20180115/1131169182.html



ショーで滑っていられるうちはやめておいていただきたいですけれど(^^;)

ドーピング問題でいろいろ思うことも言いたいこともあるのだろうなあとは思います。
posted by さぼ at 01:48 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

2017年末のインタビュー②

画像 ――妙技に加えて、幾らかのスポーツの質はあなたから息子さんに受け継がれましたか?
さらには、例えば、すぐれた子供には?〔?〕

E:サーシャが氷の上でどのように動くか、エレメンツを演じるかを観察して、僕はアスリートの傾向を見ます。
そうですね、彼には伸びしろがあります。
母は僕に言いました、子供はじっと座っていない、僕の息子も同じです-常に走り、ジャンプする…。
先日、彼と一緒に子供たちの音楽賞に行きました:
他の子供たちが座って、ステージで起こることを見ていました、サーニャは踊って、手足を伸ばす、僕はそんなことしませんでした!
動き回る男の子は成長しています、そして、そう-僕を思い起こさせます。

――あなたは自分自身のフィギュアスケートアカデミーを持っています。
何百という親がやってきて、それぞれの親が、自分の子供が最も才能があると考え、必ずや彼らが何かを成し遂げると信じていると思います。
あなたは彼らに対し、すぐに将来性について話しますか?

E:僕はいつも本当のことを子供たちとその親たちに言います。
でも、僕のところに連れてこられる子供たちは3、4歳です。
すぐにコーチの誰かが、この子には才能があるかないか言うわけではありません。
その子と仕事をし-少なくともその子がどんなことをするのか、その子が楽しんでいるのかどうかを見る必要があります。僕のフィギュアスケーターたちの親の幾人かも単にそうしました、滑らせて、そして今はプロフェッショナルのスポーツに成長しました。〔?〕
たまに丸々とした少女が連れてこられ、それから彼女は痩せたフィギュアスケーターに変身します。

――そのような成功のためには多くの仕事が必要…

E:僕の日課を言いましょう。
初級のトレーニングは7時から8時15分。
子供たちは誰も学校を休みません。
朝9時には彼らは最初の授業の席に着いています。
2回めのトレーニングは午後1時です。
それから追加のクラスがさらにあります-オプションで。
いずれにせよ夕方4~5時には終わります。
それから子供たちは家に帰り勉強します。
僕のところではアカデミーでの奨学金システムがあって-もしそのフィギュアスケーターに将来性があれば、その子は無料でトレーニングすることになります。



https://teleprogramma.pro/stars/interview/316608/
posted by さぼ at 00:08 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

2017年末のインタビュー①

画像


エフゲニー・プルシェンコ:≪息子は僕の子供の頃のように-自分でトレーニングし、誰も彼に強制していない≫

2017年12月27日


私たちの雑誌に対するインタビューの中で、エフゲニーは子供たちの教育の原則について語り、また、過ぎゆく年のメインイベントを振り返った。
私たちの新年号の表紙のために、エフゲニーは偶然ではなく末っ子、4歳のサーシャと共に写真を撮った。
その息子は今年、父親と一緒に遊んだり休んだりするだけでなく、仕事もした-海外ツアーに行き、Sex Bombのヒットソングの下、氷の上で輝いた。
そして新年の休みの間は、父親と息子はアイスショー“くるみ割り人形”で一緒に滑るだろう。


≪僕は厳格なコーチ-スポーツでは誰も贔屓されることはない≫


――エフゲニー、新年が近づいていますね?
あなたの家族ではFather Frost〔ロシアにおけるサンタクロースのような老人〕に手紙を書きますか?

E:子供たちがいるときは、いつも祝日の準備をします。
話し合いをして、サーシャと一緒に贈り物のために家から店に行き-僕たちはスキー板、そり、本、おもちゃを買います。
もちろん、彼はFather Frostに手紙を書きますし、すでに詩を習っています。

――サーシャとあなたは氷上で喝采を浴びています。
最近はスロヴァキアのツアーで彼と一緒でした。
子供にとっては、それは今のところゲームなのか、それともすでに責任を感じているのでしょうか?

E:今のところはどちらかと言うとゲームですね、4歳でスポーツの目標を設定するのはまだ早いですし、彼が将来どのように進歩するかを見る必要がありますから。
僕たちがスロヴァキアにいたときのことです。
僕はサーシャがショーでの演技の前に衣装を着て、スケート靴を履くやいなや、彼が特別な雰囲気で笑顔になることに気づきました。
サーシャは-本当によくやりました!
午前に彼は散歩して遊んで、午後にトレーニングし、夕方にはプログラムを演じ、ショーで滑ります。
でも、生活は変化します、さまざまな困難がありえますが、彼がすべてを克服し、サーシャがすべてを実現することを望んでいます。
僕とヤナは親として、彼自身の前に目標を設定しました-良いアスリートを育てるために。
それにサーシャは観客の前で滑るのが好きです-誰も彼に強制していません、彼が毎日やりに来るのです。

〔続く〕
posted by さぼ at 02:07 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。