2019年01月28日

ユーロ2019女子についてのコメント

画像


プルシェンコはミンスクでのヨーロッパ選手権におけるザギトワの銀メダルを惨事とは見ていない
オリンピックチャンピオンはヨーロッパ選手権で2位に留まった

2019年1月25



フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコはミンスクでのヨーロッパ選手権でロシアのアリーナ・ザギトワが2位になったことを惨事だとは見ていない。
彼はTASSにそれについて伝えた。

金曜日に大会で女子フリーが演じられた。
16歳のザギトワは多くのミスをし、彼女のシーズンワーストの結果を見せ、両プログラム合計で198.34ポイントで2位に終わった。
16歳のロシアのソフィア・サモドゥロワ(213.849が大会優勝、フィンランドのヴィヴェカ・リンドフォース(194.40)が3位となった。

「前シーズンが影響した、失望する必要はない、前に進むことが必要であり、落胆すべきではない、骨折ることと証明することがが必要です」
とプルシェンコは言った。
「アリーナは-オリンピックチャンピオンであり、それゆえ砦を守らなければならず、守りから-攻勢へ。
大丈夫です、不発はあります、それを修正する必要があります」。

また、プルシェンコはザギトワがポスト・オリンピックシーズンをスキップすべきだったかどうかについて語った。
「すべてはとても個人的なもので、この問題はコーチが解決します、自分で判断するのは難しい」
2度のオリンピックチャンピオンはそのように述べた。
「もちろん、今は-スキップすべきだったと-言うことはより簡単ですが、賛否を比較勘案する必要があります。
惨事も恐怖もなく、前身して戦う必要があります、立ち上がって戦う、彼女は強い少女です、彼女ならやれます」



〔以下、ザギトワの実績等、略〕

https://tass.ru/sport/6043655






プルシェンコはフィギュアスケーター・サモドゥロワヨーロッパ選手権での勝利をセンセーションと呼んだ


2019年1月25日


〔プルシェンコのコメント部分のみ抜粋〕


「プロフェッサー(サモドゥロワのコーチ、アレクセイ・ミーシン-TASS注)にお祝いを申し上げます、ソニーの勝利はまさにセンセーションです」
プルシェンコは言った。
「彼女は、僕の意見では、ショートプログラムとフリースケーティングの両方を完璧に滑りました。
明晰な頭脳、アレクセイ・ミーシン教授、チームの皆さん-素晴らしい仲間たちです」


https://tass.ru/sport/6043605


男子についてはこちら、「ロシア語自習室」様↓

https://akoako.at.webry.info/201901/article_3.html

https://akoako.at.webry.info/201901/article_2.html


なんなん? こいつらって感じの…
posted by さぼ at 12:21 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

ジェーニャのインスタにて

☆すべてのファンと友人たち、家族とアスリートたちが応援と心配をしてくれたことに感謝します!
僕は回復していて元気です!
けれど今日、テレビ局“Ren-TV”と、そのトップであるVladimir Vladimirovich Tyulin個人には軽蔑の言葉を表したいとも思います、そこのジャーナリストたちは今日午後、守衛と看護師たちを欺いて、僕の身内の振りをして病室にいる僕に突撃し、寝ている僕を撮影し始め、それから僕の健康について詮索するために起こした!
すでにこの下劣なビデオはウェブサイトにアップロードされました!
あなた方のチャンネルは恥ずべきものです、 Vladimir Vladimirovich Tyulin、あなたのジャーナリストたちとあなた方のビジネスのやり方は!
人が病院のベッドで動けず横になっているときに、あなたのチームはこのようなものを作ったのです、ほんのわずかの敬意もないために。

〔以下意味合いがはっきり分からない部分もあるのでざっくり言うと、そのようなやり方のためにジャーナリストという仕事の名誉は損なわれた、メディアによる情報は欺きではなく法的手段で得るべきであり、謝罪を求めたが彼らはそうせず、テレビ局の評価?について電話をかけてきたと大変お怒りのご様子〕


https://www.instagram.com/p/BsnjAXQDoEh/?utm_source=ig_web_copy_link
posted by さぼ at 06:02 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

プルシェンコ、ヘルニアの手術を受ける


画像


≪彼は背中の非常に強い痛みに悩まされました≫:ヤナ・ルドコフスカヤはエフゲニー・プルシェンコの入院についてコメントした。


2019年1月13日

2度のオリンピックチャンピオンは現在入院しているが、すでに回復に向かっている

先週金曜日、フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコはモスクワの病院の一つに入院した。
医師たちはこの伝説的なアスリートを診察し、病院に留まることを勧めた。

昨日、エフゲニーの手術が行われ、神経を圧迫して、アスリートを傷つけていた背骨のヘルニアは除去された。
問題は夏には始まっていたが、エフゲニーはその後の幾多のショーの関係で手術を延期していた。

「エフゲニー・プルシェンコは現在彼の健康のために競技の世界におらず、彼と彼の家族にのみ関わっています。〔?〕
ただ、わたしが“KP”に言える唯一のことは:実際の問題は、エフゲニーはモスクワとサンクトペテルブルクで30回のショーを滑り、頸椎の痛みに悩まされながら、すべてのショーで3回転ジャンプとウルトラCクラスのエレメントを演じたことです。
彼はイスラエルに渡航したかったのですが、痛みが増幅したのて、ロシアの専門家、ドミトリー・ニコラエヴィッチ・ズカエフの助けを求めました」
ヤナ・ルドコフスカヤはコムソモリスカヤ・プラウダにそう伝えた。

現在ジェーニャは快方に向かっており、経験したことと応援の言葉に対し、ファンの皆さんと友人たちに感謝している。

“KP”紙の知るところによれば、エフゲニー・プルシェンコの手術をしたドクター・ドミトリー・ズカエフは。背骨と脊髄の手術における世界の専門家の中でトップ10に入る神経外科医だ。
ドミトリー・ニコラエヴィッチはリハビリテーションプログラムで有名で、多くのアスリートを治した(オリンピックチャンピオンを含む)、従ってエフゲニー・プルシェンコの選択は明確だ。

コムソモリスカヤ・プラウダはエフゲニー・プルシェンコの早い回復を祈ります!



https://www.kp.ru/daily/26928.5/3978628/



メディア:エフゲニー・プルシェンコ入院

2019年1月12日

フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコが1月10日、あるモスクワの病院に連れて行かれたと、REN-TVは伝えている。

この36歳のアスリートは背中の強い痛みを外科医に訴えた。
プルシェンコは納院系外科に連れて行かれた。
このアスリートの入院の状況は調査中。

2014年、プルシェンコはソチオリンピックシングルスケート個人戦を背中の怪我のために棄権している。
同日、彼は現役を終えることを宣言した。


http://www.sport-express.ru/figure-skating/news/smi-evgeniy-plyuschenko-popal-v-bolnicu-1499654/




年末年始のショーの動画を漁ってダウンロードしたり整理したりしてる間にこんなことに(>_<)
日本からツアーで行かれた方々もいらしたようで羨ましい限りなどと思ってましたが、現地で会った方の中にはやはり若干ジェーニャの不調を感じていた方もいらしたようです。
順調に回復しますように。
そして無理せず、一日でも長く滑っていてください。
posted by さぼ at 02:16 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。