2020年03月07日

アデリナ引退について

5407541.jpg


プルシェンコ:フィギュアスケーター、ソトニコワは引退発表の後過剰な負荷を降ろした


2020年3月2日


フィギュアスケートのオリンピックチャンピオン、アデリナ・ソトニコワはキャリア終了を発表するという正しい決定をし、それは責任の重荷を取り除く助けとなるだろう。
このような意見を、2度のオリンピックチャンピオンでありフィギュアスケートのコーチ、エフゲニー・プルシェンコがTASSに表明した。

23歳のソトニコワは月曜日に引退を発表した。
このスケーターは2015年以来競技に出ていない。

「アデリンはとてもよくやりました、スポーツに戻ろうとし、止まることはありませんでしたが、怪我がそれをさせず、実現しませんでした」
とプルシェンコは語った。
「でも、彼女がファイターであり、自分自身を証明しようと-戦い、動き、演じようとしてきたことが僕はいつも好きでした。
手術をしてさえも、でもそれはうまくいきませんでした。
アデリンカはよくやりました、そして彼女が決定を言葉にしたのは正しいことです、彼女はより楽になるでしょう、彼女の肩から深刻な重荷を下ろして。
プロフェッショナルなスポーツの後の人生が存在し、それは広範囲に及びます-コーチの経歴とショーの両方あり得るし、家族の生活は必須です。
そして僕たちは彼女が僕のチームに入るというバージョンを考えるでしょう」
とプルシェンコは付け加えた。

ソトニコワ-ロシアとUSSRで史上初の女子シングルのオリンピックチャンピオン、この功績は2015年のソチオリンピックで彼女によって達成された。
また、このフィギュアスケーターはヨーロッパ選手権で2回の銀メダリスト、ジュニアのワールドチャンピオン、ロシアで4回のチャンピオン。
彼女が〔競技で〕リンクに出たのは2015年12月が最後で、そのとき彼女はナショナル選手権で6位となった。


https://tass.ru/sport/7875843
posted by さぼ at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

もはやネタ

d0401a9fabba93460eb100e4d7c6ee555e0a2447f2a70404838731.jpg


「プルシェンコが天才だっただけ」。なぜトゥクタミシェワが4回転ジャンプを転倒したかをコーチが説明


2020年2月19日


フィギュアスケートのコーチ、オルガ・グリゴリエワがフィギュアスケーターにどのように4回転ジャンプを教えるかを語り、そしてロシア選手権で4回転ジャンプに挑戦したエリザベータ・トゥクタミシェワの失敗を分析した。

〔プルシェンコの名前の出た部分のみ抜粋〕

――最近のエレメントの幾つかの失敗の理由を分析しましょう。
エリザベータ・トゥクタミシェワとロシア選手権での4回転トウループへの試みは?

O:リーザは急いでいて、神経質になっていました、アプローチが短かったからです。
それぞれのジャンプにはリズムとそれ自身の幾何学があります。
最初のステージでリズムを加速する-以降のシナリオ全体がうまくいかなくなります。
プルシェンコがすごかっただけで-彼は頭からターンしてでもジャンプを降りることができました。
競技の状況においてスケーターたちはしばしば自分自身を煽って、最も難しいエレメントをすぐにやろうと焦ります。
それがリーザに起こったことです。
しかしわたしは彼女がクワドを改善し、それをきれいにやると確信しています。
この少女には素晴らしいジャンプの才能があります。

〔以下略〕





https://news.sportbox.ru/Vidy_sporta/Figurnoe_katanie/spbnews_NI1156839_Eto_tolko_Plushhenko_byl_genialnyj_Trener_objasnila_pochemu_Tuktamysheva_upala_s_chetvernogo_pryzhka
posted by さぼ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。