2020年08月23日

アブト先輩もエンジェルスに

pluab.PNG


ロシアチャンピオン、アブトがプルシェンコアカデミーでGnome Gnomych*のコーチになった


2020年8月21日


2003年のロシアフィギュアスケートのチャンピオン、アレクサンドル・アブトがエフゲニー・プルシェンコのアカデミーのコーチングスタッフに加わった。
インスタグラムの“エンジェルス・プルシェンコ”のアカウントにおいて、オリンピックチャンピオンの息子、アレクサンドル-Gnome Gnomychと呼ばれている-がアブトの指導の下でトレーニングしているところが公開された。

「多分多くの人がこの有名なスケーターを覚えているだろう、名誉あるスポーツの達人、人々の人気者、アレクサンドル・アブト。
彼は僕たちのアカデミーのコーチのチームに加わりました」
この動画のキャプションではそう述べられている。


〔以下、トゥルソワとコストルナヤの移籍について。略〕



*Gnome Gnomych ノーム。日本語で言うと”こびと妖精さん”というところでしょうか。サーシャが生まれたときとても小さかったので、ヤナさんとジェーニャがそういうニックネームを付けました。


https://rsport.ria.ru/20200821/abt-1576088749.html



当該インスタの動画
https://www.instagram.com/tv/CEJIkW-K4MT/?utm_source=ig_embed


ジェーニャが大好きな優しい先輩。一緒にお仕事できるようになって良かったね(^^)

posted by さぼ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

コストルナヤ移籍についてのラジオノワのコメント

ラジオノワ:コストルナヤがプルシェンコのところに移ることは彼女の問題を解決しないだろう

2020年8月1日


〔ラジオノワのコメント部分のみ抜粋〕


……


「どんなスケーターも、自分のコーチが自分に注意を払ってくれていないように思える瞬間があるものです。
わたし自身も経験しました。
そういうときには不愉快なものですが、それを踏み越えなければなりません。
もしアリョーナが前のグループで注意を欠いたなら、新しいところでも十分にはならないかもしれません。
実際、彼女は直接的なライバルと隣り合ってトレーニングすることになるという、同じ環境に来るのです。
サーシャ・トゥルソワに加えて、このグループにはやはり競争する少女たちもいます」
ラジオノワは電話でそう言った。

「個人的にはこの移籍は理解できません、多分背後にはほかに何か理由があるのでしょう。
ただ、アリョーナは彼女の向上心を少し抑えて待たなければならないように思えます、何と言ってもエテリは、言われているように、彼女のコーチは彼女と共に高い結果を達成しました。
記者の会話相手はそう付け加えた。


https://rsport.ria.ru/20200801/1575251322.html
posted by さぼ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

エレーナ・イリニフがエンジェルスへ

5f2ec87702e8bd10034cd078.png


オリンピックチャンピオン、イリニフがプルシェンコアカデミーでコーチになった


2020年8月8日

「ソチオリンピックのチャンピオン、エレーナ・イリニフが僕のチームに加わってくれ、すでに仕事を始めたことをとても嬉しく思います。ようこそ、僕たちのクラブへ」
-と、プルシェンコはインスタグラムに書いた。

2014年のオリンピックで、イリニフはニキータ・カツァラポフとペアを組み、団体戦の金メダルを獲得した。
その後、このデュオは解散し、イリニフはロシア人のジガンシンと滑り始め、彼とは2016/17シーズンの途中まで演技した。

ユリア・リプニツカヤと共に、この元フィギュアスケーターはイリニフ-リプニツカヤ・チャンピオンズアカデミープロジェクトの一部としてマスタークラスを指導していた。

先日、プルシェンコはトゥトベリーゼの仕事について意見を表明していた。



https://russian.rt.com/sport/news/771999-ilinyh-akademiya-plyuschenko?utm_source=yxsport&utm_medium=desktop&utm_referrer=https%3A%2F%2Fyandex.ru%2Fsport

そのインスタの投稿
https://www.instagram.com/p/CDobSAtD_KI/


イリカツ、というよりレーナの演技が好きだったのでコンビ解消は残念だった。
たしか世界選手権前にレーナに内緒でニキータが新しい相手とのトライアウトをやっていて、後でそれを知ってレーナがひどく傷ついたという記事を読んだ記憶。
もちろんその辺の経緯は両方の言い分を聞かないと分からないけれども、その後レーナがなかなかこれという相手に巡り会えないままだったのがもったいなさすぎた。
ペア競技の場合、シングルスケーターと違って引退後1人ではアイスショーへの出演も難しいだろうし。
コーチとしての彼女のスケート人生が実り多きものとなりますようにと願ってやまない。
posted by さぼ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月09日

メンショフさんありがとう

20200809.PNG


専門家:プルシェンコはトゥルソワとコストルナヤと活動する際のプレッシャーに耐えうるだろう


2020年8月1日

エフゲニー・プルシェンココーチはフィギュアスケーター、アレクサンドラ・トゥルソワとアリョーナ・コストルナヤとの活動に際し、その責任に対処するだろうと、2014年ヨーロッパ選手権銅メダリストのコンスタンティン・メンショフがRIA Novostiに語った。

「プルシェンコは強いチームを持っています、彼は1人で仕事をしているわけではありません。
しかしこれからさらに責任が増すでしょう。
結果を示さなければなりません。
これから彼にはより大きなプレッシャーもかけられるでしょう、しかしジェーニャは強いスポーツ〔チーム〕の中におり、そして今、僕が思うに、彼はもちこたえるでしょう。、
大丈夫ですよ」
メンショフは電話でそう語った。


〔以下、コストルナヤが移籍したこと、トゥルソワもすでに移籍していること。略〕


https://rsport.ria.ru/20200801/1575258835.html
posted by さぼ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月02日

ISUアワードについて

5645517.jpg


ISUアワードの勝者の中にツルソワがいなのは不公正だとプルシェンコは考える


2020年7月11日

フィギュアスケートの2度のオリンピックチャンピオン、エフゲニー・プルシェンコは、ISUスケーティングアワードの最初の勝者の中にロシア人のアレクサンドラ・トゥルソワが入っていないという事実は不公正だと考えている。
プルシェンコがTASSにその意見を打ち明けた。

土曜日、“新人”カテゴリーのアワードの勝者はグランプリファイナルの優勝者アリョーナ・コストルナヤとなった、そしてツルソワとサウスコリアのフィギュアスケーター、ユ・ヨンもノミネートされていた。
ベストコーチはエテリ・トゥトベリーゼとなった、コストルナヤ、ツルソワが彼女とトレーニングしており、最高のコーチと認められた。
現在ツルソワはプルシェンコのグループで活動している。

「もちろん、このアワードはとても必要で、これはフィギュアスケート界のオスカーであり、このアワードは発展して、世界のいろいろな国で毎年開かれるべきです」
とプルシェンコは確信している。
「けれどこう言いましょう、僕はこのストーリーは好きではないと:
初めて4回転ジャンプをやった少女にどうして賞を与えないでいられるでしょうか、その少女はフィギュアスケート界で最も難しいジャンプをやりました-4回転ルッツです、3度ギネスブックに載った少女に。
今アレクサンドラが僕とトレーニングしているから言うのではありません、もし彼女が前のチームでトレーニングしていても同じことを言うでしょう。
これは不公正に、良くないことに思えます、フィギュアスケートにおける先駆者のための指名がなされるべきで、それが欠落しています」
とプルシェンコは強調した。



https://tass.ru/sport/8943671



この賞の価値とか今なぜこれが創設されたのかというその意義とか私は正直よく分からないけど、とりあえずヤグプル時代になかったことは良かったかな。
想像するだに恐ろしいw

ところで、この頃コストルナヤの話はすでに動いていたのかな、これより後なのかな。
posted by さぼ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。