2015年12月24日

ガッちゃん引退へ

画像


2011年世界選手権銅メダリスト、ガチンスキーがキャリアの終了をFFKKRに報告

2015年12月24日

フィギュアスケート男子シングルの2011年世界選手権銅メダリスト、アルトゥール・ガチンスキーがロシアフィギュアスケート連盟(FFKKR)にキャリアの終了を告げたと、役員CE0のアレクサンドル・コーガンが“R-Sport”記者に伝えた

このフィギュアスケーターは手首のケガのために今シーズンを始めることができなかった。
この22歳のアスリートは、グランプリのモスクワステージを含めすべての大会を連続して欠場し、木曜日にエカテリンブルクで始まるロシア選手権にガチンスキーの名はなかった。

「ガチンスキーは連盟に、彼は怪我から回復しなかった、これ以上演技はしないと告げました」
コーガンは、引退の理由はこのアスリートの手首の怪我のダメージだと付け加えて語った。

2011年、ガチンスキーはモスクワ世界選手権で銅メダルを勝ち取り、2012年にはシェフィールドでのヨーロッパ選手権で銀メダリストとなり、2015年にはグラナダでユニーバーシアードで銅メダルを獲得した。


http://rsport.ru/figure_skating/20151224/886957963.html

http://www.sports.ru/tribuna/blogs/lindir2/874867.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed
posted by さぼ at 21:22 | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック