2022年02月06日

いろいろ再考すべき時期なのだろうか

アレクセイ・ウルマノフ:≪フィギュアスケートは決して客観的スポーツにはならないだろう。審判員たちは結果を操る方法をずっと以前に見つけ出した≫

2022年1月28日

オリンピックチャンピオン、アレクセイ・ウルマノフがフィギュアスケートの現在の採点システムについて発言した。
フィギュアスケートはかつて客観的スポーツではなかったし、今後もそうならないだろう。
審判員たちは実際に、いかに結果を操作するか、いかに“正しい”席の配置をアレンジするかをずっと前に見つけ出した。
しかしここでは別のことについて話そうと思う。
新採点システムが初めて登場した時、多くの変更が毎年なされた。
スピンで、ステップシークエンスで、あれで、これで、5番目で、10番目で。
我々は皆気がおかしくなり、頭をつかまれた。
現在これらの変更は取るに足らないものとされており、そしてこれは、わたしの意見では、間違っている。
いくらかのバランスがなければならない。

前述のステップシークエンスを取り上げよう。
ショートプログラムでのステップシークエンス、相対的に言うと、45秒、プログラム全体が160秒続くという事実にもかかわらず。
なぜか? アスリートがどのようにループやツイズルを保持するか、あるいは同じブロック〔?〕を演じるかを見るため?
なぜ、フリープログラムの持ち時間を30秒短縮し、ジャンプのエレメントの一つを取り去り、それによって男子と女子を同等としたのか? 
アスリートたちのスケーティングはきれいにするため? それは生じていない。



https://www.sports.ru/figure-skating/1105861900-aleksej-urmanov-figurnoe-katanie-nikogda-ne-budet-obektivnym-vidom-spo.html

https://russian.rt.com/sport/article/954295-urmanov--intervyu-kondratyuk-chen-olimpiada



少し前に真央ちゃんのコンパルソリーが話題になり、ヤフコメ上では工夫を加えればコンパルソリーを競技に復活させられるのではという意見も見られました。
浅田真央、スケートの刃で描いた氷上アートに絶賛の嵐
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb775bd11c1163b2ec3683dba3ad3d26b08b0189


まっちーのこちらの話もとても興味深いです。
【町田樹解説】フィギュア競技年齢の若年化に危機感「選手人生が長く続かぬ競技に希望ない」
https://www.nikkansports.com/olympic/beijing2022/figure_skating/news/202202050000614.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp


個人的にはクワドの価値が下げられるようなことにはなってほしくないとは思います。

オリンピック始まりましたね。
ここ数年なぜかすっかり試合を、とりわけリアルタイムでテレビで観るという気力体力がなくなっていて、リアルタイムで観なくなったのはイライラしたくないからなんですが、録画しちゃうと結局そのうちそのうちと思っていてそのままになっちゃうんですよね。さすがに五輪くらいはあまり遅れず付いていこうと思って、やはり録画ですがちょっとずつ観てます。


ところで、ウェブリブログがサービス終了するって今日初めて気がついた💦もちろんまだ少し先だけど。
たしか2010年の夏に始めた記憶だから現時点で11年半ぐらいか。
全部の記事が本当に移行できるのか??
移転先等決まるのは4月以降ですが、決まったらまたお知らせします。
posted by さぼ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック