2022年11月19日

GPS2022フランス大会女子FS

NHK杯真っ最中だというのに(笑)。
でも今年は久しぶりに地上波やBS(今後はCS)を録画して遅れながら見ている。楽しみながら見ている。
今年はコロナ以降初めて、やっと、しかもなつかしのモリコロでTHE ICEを観たのが刺激になったのかな。
もうずっと、採点のおかしさなんて続いてるし、しかも忖度対象が日本人となったら国内のファンが怖くて、マスコミも異常だし、バンクーバー前後に某KY選手についてとか、その後カナダの某男子選手についてとか、結構言いたいこと言ってきたのに言えなくなったしね。
単に私が臆病なだけですけど。
もしかして当時の韓国国内のフィギュアファンもこうだったのかもなあ、なんてやっと気づいたよ。
そして、というか、だから、というか、点数とか順位とか、公正さとか、そういったあれこれとは切り離してやっと観られるようになったのかなとも思う。
日本の報道の仕方は相変わらず気持ち悪いのでニュースやワイドショーは観ないし、録画じゃないとイライラするから見ないけどね。

そんなことはさておき。
現時点での感想。

女子で3連続ジャンプ入れる人増えてる?
昔はよくあったし、村上佳菜子ちゃんなんか結構連続ジャンプにこだわりがあるのか、ショーではよくやってたけど、3連続にメリットなくなってから男子も女子もやらなくなったよね。それが今季は何度か見られるので、それだけでちょっとわくわくする。

住吉りをんちゃん、初めて見たかな。
スピンでキャッチフットに入るとき、膝が曲がったりお尻がぽこっと出ないような。
カメラワークによるかもしれないけど。
意外とそれができるスケーターって少ないのよ。だからそれだけで好感持った。

韓国キム・イェリム。
好み! いわゆる両手タノがきれい。単に点数稼ぎのために両手挙げてるって感じがしなくていい。レイバックもきれい。ジャンプ後の着氷姿勢もきれい。

ルナ・ヘンドリックス。
ヘンドリックス? なんか覚えある、と検索してみたらヨリック・ヘンドリスの妹か。なぜかヨリ・ヘンドリクスというふうに覚えてたんだよね。ミハルのとこも兄妹だし、今ヨーロッパでフィギュアスケートができる環境は限られすぎてるのかな。
私は日露北米だけじゃなくて欧州のフィギュアスケートが昔のようにもっともっと盛んになってほしいのだけれど。
この人もジャンプ、スピン、ツイズル、それ以外のときも常に指先まで神経が行き届いていて美しい。スケーティングも伸びやか。パッションもある。生で観てみたいなあ。
posted by さぼ at 19:24| フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする