2021年04月06日

世界選手権の前

エフゲニー・プルシェンコ:「トゥルソワは長い間一つのシステムの中でやってきた、僕は全く違うものを持っている。僕は決して子供たちを叱ったり侮辱したりしない」

2021年3月19日

ロシアのフィギュアスケーター、アレクサンドラ・トゥルソワのコーチ、エフゲニー・プルシェンコが世界選手権での彼女の演技に期待を表明し、彼の生徒の個性について語った。

「世界選手権での我々の主な目標は整った演技をすることです。
サーシャは彼女ができることをするはずです。
彼女にはシニアで初の世界選手権ですが、我々は日本人や我が国のライバルたちと競うのではありません。
我々の目標は彼女が自分自身と闘うことです。

以前、彼女はいつも4回転が、可能な限りウルトラCができることを証明しようとしていました。
僕の意見ではそれにフォーカスする必要はありません。
彼女はすでにジャンプの仕方を知っています。
大事なのは-自分の仕事をすることです。
我々は彼女のスケーティング、曲の解釈、芸術性について多くの仕事をしました。
彼女は音楽を違った仕方で感じることを学びました。
フィギュアスケートにおける芸術性はとても重要です。

サーシャはとても強い人です。
彼女は何事も明日まで持ち越したがりません、今それをやりたがります。
それに彼女は恐ろしいほどハードワークです。
スポーツの観点から、もちろん、彼女が各トレーニングセッションごとに自分のベストを尽くし、ナンバーワンであろうとするのはすばらしいことです。
しかし彼女を留めなければなりません、彼女は常により多くより速くやりたがります。
急ぐべきではありません、彼女は思春期なのです。
これも考慮に入れる必要があります。

サーシャは長い間一つのシステムの中で学んできました、僕には全く違ったものがあります。
僕は子供たちを決して叱りつけたり侮辱したりしません」
プルシェンコはDagens Nyheterのインタビューでそう語った。

以前トゥルソワはエテリ・トゥトベリーゼとトレーニングしていた。

フィギュアスケート世界選手権は3月24日から28日にスウェーデンのストックホルムで開催される。



https://www.sports.ru/figure-skating/1095150066-evgenij-plyushhenko-trusova-dolgo-zanimalas-po-odnoj-sisteme-u-menya-s.html


ワールドリザルト
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/CAT002RS.htm

SPプロトコル
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/FSKWSINGLES-----------QUAL000100--_JudgesDetailsperSkater.pdf

フリープロトコル
http://www.isuresults.com/results/season2021/wc2021/FSKWSINGLES-----------FNL-000100--_JudgesDetailsperSkater.pdf
posted by さぼ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月05日

もじゃ先生のご冥福をお祈りいたします

20201105.PNG


振付師ダヴィド・アヴディシュ死去:エフゲニー・プルシェンコや他のスケーターのナンバーを振り付けた


10月29日、振付師のダヴィド・アヴディシュが死去したことが明らかになった、彼はサンクトペテルブルクのナショナルフィギュアスケートチームの元コーチだった。

ロシアのフィギュアスケート界すべてにとって悲しいニュースは10月29日の朝、サンクトペテルブルクからもたらされた。
振付師のダヴィド・アヴディシュはここで、この都市のナショナルフィギュアスケートチームと共に仕事をし、エフゲニー・プルシェンコを含む多くの有名なアスリートにナンバーを作った。
長年にわたり、ダヴィド・アヴディシュはサンクトペテルブルク音楽ホールのバレエの芸術ディレクターだった。
サンクトペテルブルク・ナショナルフィギュアスケートチームのコーチ-振付師。
彼は創造性と才能のある人物で、彼の仕事について悩み、本当のプロフェッショナルだったと、ロシアフィギュアスケート連盟のウェブサイト上の死亡記事は語っている。

ダヴィド・アヴディシュがフィギュアスケート界での何年にもわたる仕事において、アレクセイ・ミーシンコーチのグループと協働し、彼の生徒たち、エフゲニー・プルシェンコや他のフィギュアスケーターにプログラムを振り付けたことは有名だ。
彼はタマラ・モスクビナとトレーニングしていたペアスケートのスター、オクサナ・カザコワ&アルトゥール・ドミトリエフのプログラムすべてのディレクターだった。

夏、7月4日にこの振付師は68歳になったばかりだった。
彼の早すぎる死の原因は長年の深刻な病気だと言われている。

「Komsomolskaya Pravda」紙はロシアフィギュアスケート連盟の言葉に同調し、ダヴィド・アヴディシュのご家族と友人たちにお悔やみを申し上げる。


https://www.spb.kp.ru/daily/2171201/4312442/




☆僕の友人で共に4回のオリンピックを過ごした振付師-ダヴィド・アヴディシュが亡くなった!
ダヴィドのプロフェッショナリズムと僕のためにしてくれたすべてのことに感謝する!
僕たちは皆、君を失って寂しい…。
永遠の思い出と最大の心からのお悔やみをご家族と友人たちに…。

https://www.instagram.com/p/CG78sniDBS3/


posted by さぼ at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

ヴォロノフ引退について

20200912.PNG


プルシェンコ:ヴォロノフは競技から去った後、コーチを含めた新しい役割の中で自分自身を見つけることができる


2020年9月12日
現役を終えたスケーター、セルゲイ・ヴォロノフはコーチとしてのものを含めた新し立ち位置の中で自分自身を見つけることができる
このような意見をオリンピックチャンピオンのエフゲニー・プルシェンコがTASSに表明した。
金曜日に、32歳のヴォロノフは彼のキャリアを終了すると発表した。

「セリョージャが競技の後、自分自身を見つけることを願っています-コーチとしてかもしれないし、何か新しいタイプかもしれない。
彼はとても賢い人で、たくさんの良い経験を持っています。
彼が止まるのではなく、動き続けることを望みます。
彼にとってすべてがうまくいきますように」
とプルシェンコ言った。

ヴォロノフはヨーロッパ選手権の銀メダリスト(2014)、銅メダリスト(2015)、グランプリファイナルの銅メダリスト(2014/2015)。
2015年には世界選手権銀メダリストとなり、2度、ロシア選手権で優勝している(2008、2009)。
最後の国内選手権では9位となっていた。


https://tass.ru/sport/9436473


セルゲイ・ボロノフが現役引退「arigato」
https://news.yahoo.co.jp/articles/5816a99d3a4ec76ffc191537d69858501cacde2e

ジェーニャとセリョージャと言えば、なぜかまず思い出したのは2012/13シーズンのRNだったと思うけど、表彰式のときジェーニャと何か話していたヴォロノフさん、何を顔をブーケにうずめて肩をひくひくさせて必死に笑いをこらえてる様子を撮られた動画があったんだよね、今回ちょっと探してみたけど見つけられなかった。
プルシェンコとロシア国内で戦ってきた選手たちの中でヴォロノフとメンショフの演技は本当に好きだった。
お疲れさまでした。
すべてがうまくいきますように。
posted by さぼ at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

アブト先輩もエンジェルスに

pluab.PNG


ロシアチャンピオン、アブトがプルシェンコアカデミーでGnome Gnomych*のコーチになった


2020年8月21日


2003年のロシアフィギュアスケートのチャンピオン、アレクサンドル・アブトがエフゲニー・プルシェンコのアカデミーのコーチングスタッフに加わった。
インスタグラムの“エンジェルス・プルシェンコ”のアカウントにおいて、オリンピックチャンピオンの息子、アレクサンドル-Gnome Gnomychと呼ばれている-がアブトの指導の下でトレーニングしているところが公開された。

「多分多くの人がこの有名なスケーターを覚えているだろう、名誉あるスポーツの達人、人々の人気者、アレクサンドル・アブト。
彼は僕たちのアカデミーのコーチのチームに加わりました」
この動画のキャプションではそう述べられている。


〔以下、トゥルソワとコストルナヤの移籍について。略〕



*Gnome Gnomych ノーム。日本語で言うと”こびと妖精さん”というところでしょうか。サーシャが生まれたときとても小さかったので、ヤナさんとジェーニャがそういうニックネームを付けました。


https://rsport.ria.ru/20200821/abt-1576088749.html



当該インスタの動画
https://www.instagram.com/tv/CEJIkW-K4MT/?utm_source=ig_embed


ジェーニャが大好きな優しい先輩。一緒にお仕事できるようになって良かったね(^^)

posted by さぼ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

コストルナヤ移籍についてのラジオノワのコメント

ラジオノワ:コストルナヤがプルシェンコのところに移ることは彼女の問題を解決しないだろう

2020年8月1日


〔ラジオノワのコメント部分のみ抜粋〕


……


「どんなスケーターも、自分のコーチが自分に注意を払ってくれていないように思える瞬間があるものです。
わたし自身も経験しました。
そういうときには不愉快なものですが、それを踏み越えなければなりません。
もしアリョーナが前のグループで注意を欠いたなら、新しいところでも十分にはならないかもしれません。
実際、彼女は直接的なライバルと隣り合ってトレーニングすることになるという、同じ環境に来るのです。
サーシャ・トゥルソワに加えて、このグループにはやはり競争する少女たちもいます」
ラジオノワは電話でそう言った。

「個人的にはこの移籍は理解できません、多分背後にはほかに何か理由があるのでしょう。
ただ、アリョーナは彼女の向上心を少し抑えて待たなければならないように思えます、何と言ってもエテリは、言われているように、彼女のコーチは彼女と共に高い結果を達成しました。
記者の会話相手はそう付け加えた。


https://rsport.ria.ru/20200801/1575251322.html
posted by さぼ at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュアスケート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。